ロゴ

賃貸で人気の間取りを一挙公開!部屋探しに役立てよう

HOME>info>賃貸を借りる時は賃料をチェック!相場がわかれば探しやすい

街中で見かける物件の種類

私達が住む場所は主に賃貸ですが、使い勝手がいいマンスリーマンションも賃貸の一つです。ただ活用される理由が違うので、賃貸とマンスリーマンションの違いを下記でチェックしましょう。

マンスリーマンション&賃貸の違い

マンスリーマンション

長期出張、単身赴任などを理由に利用されているのがマンスリーマンションです。近年は旅行の際のホテル代わりにされています。賃貸のように敷金礼金は必要なく、期限付きで住めるのが特徴です。

賃貸

アパートやマンションと借りる時は、敷金礼金を支払うのが普通です。また、保証人が必要になるケースもあります。短期間というより、長く住むをを目的としているため2年契約の場合がほとんどです。地域によっては更新料がかかることもあります。

賃貸を借りる時は賃料をチェック!相場がわかれば探しやすい

つみき

気になる賃料

【マンスリーマンション】
地域によりけりですが、都心だと格安プランで10万円前後です。割引キャンペーンを利用すれば、清掃量が無料になることもあります。さらに、早割の活用で数万円の割引が適用されるケースもあります。
【賃貸】
都心の場合は賃貸だと、10万円が多いです。少し都心から外れるとグッと下がって6万円くらいでしょう。住むエリアでかなり差があります。また間取りによって家賃は左右されるでしょう。

間取りの種類について

男の人と女の人

1LDK

寝室に使える部屋が一つと、広々としたリビングが魅力的の1LDKとは一人暮らしや二人暮らしを始めるカップルにおすすめです。一部屋多くなる2LDKよりお得でしょう。

2DK

2DKの場合ほとんど築年数が経っている物件が多いです。そのため、家賃も相場より安く抑えられていることがほとんどでしょう。広い部屋をお得に住みたいファミリーに最適な間取りです。

2LDK

2LDKの大きな魅力は、部屋の数が多くなることです。将来的には、子供に部屋を与えることも可能です。また、1LDKに住んでいた新婚さんが、出産を機に2LDKに移り住む傾向があります。